ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 教育振興課 > 給食費、就学奨励費、通学費など各種補助金

本文

給食費、就学奨励費、通学費など各種補助金

記事ID:0000453 更新日:2020年12月24日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

総務計画係

学校給食費補助金制度  

学校給食費補助金制度の画像

多子世帯の保護者の経済的負担を軽減し子育て支援を推進するため、備前市立小中学校及び特別支援学校(小学部及び中学部)に在籍するお子さんの学校給食費を補助する制度です。
お支払いいただいた給食費について、対象となる保護者の方に対し、一定の補助額分をお戻しする仕組みです。    
平成31年度も継続して実施します。

補助額

第2子:半額(円未満の端数は切り捨て)、第3子以降:全額
 ※給食費の未納がないことが条件になります

対象者(保護者)

次のいずれにも該当する保護者

  • 備前市内に住所があり、2人以上の子どもを扶養している
    (扶養とは健康保険の扶養をさします)
  • 第2子以降の子が備前市立学校または特別支援学校(小学部若しくは中学部)に在籍している
  • 世帯内に給食費の未納がない
  • 就学援助制度を受けていない

支払方法

3月までの学校給食費(学校集める金)の納付が確認ができた保護者の方に振り込みをします。
翌年の4月中旬から下旬に指定された口座に振り込む予定です。

申請方法

下記よりダウンロードし様式第1号と様式第6号を提出してください
 ※お子さまが備前市立学校に在籍する場合は、6月中旬に学校を通じてお届けします

該当となるお子さん

    1 2 3
 例1 白いひと 
  高校生以上
赤いひと
  小(中)学生
 青いひと
  小(中)学生
 例2 白いひと   高校生以上 白いひと   高校生以上 青いひと   小(中)学生
 例3 白いひと   小(中)学生 赤いひと   小(中)学生 青いひと   小(中)学生
 例4 白いひと 就労(社保加入)者 白いひと    高校生以上   赤いひと    小(中)学生 青いひと   小(中)学生

赤いひと:半額補助 青いひと:全額補助
※注意:健康保険の扶養における子の順番です

申請書類

  • 様式第1号:備前市学校給食費補助金交付申請書
  • 様式第6号:備前市学校給食費補助金交付手続委任状

その他

保護者に変更があった場合、また健康保険の扶養に異動があり、該当となるお子さまの順番が変更となる場合など、申請時と状況が異なる場合は、再度申請が必要です。
詳しくは、教育振興課までお問合せください。  

就学援助

就学援助の画像1就学援助の画像2

経済的な事情で小・中学校の教育費の支払が困難な保護者に対し、学校で必要な費用の一部(学校給食費は全額)を援助する制度です。
援助内容は、次のとおりですが、平成31年4月に小・中学校に入学されるお子様の保護者で、就学援助の要件に該当する人を対象に、新入学児童生徒学用品費を入学前の3月に支給します。
 
 申請期間は、令和3年1月4日(月曜日)から1月29日(金曜日)です。制度のお知らせをご覧いただき、申請を希望される人は、申請してください。

区分 援助内容  
学用品費 学校で通常に使用する学用品費の一部
通学用品費 通学用品費の一部
新入学児童生徒学用
品費等
(4月認定の新1年生)
新入学の児童・生徒に必要な学用品費、通学用品費の一部                      就学援助の画像3
校外活動費 校外活動に必要な交通費、見学料の一部
修学旅行費 交通費、宿泊費、見学料のうち補助対象分 (小・中学校で各1回)
学校給食費 保護者が負担する給食費
通学費 公共交通機関を利用して通学する片道小学校4km以上・中学校6km以上の交通費
医療費
(認定後治療開始分)

学校病*にかかる治療費
*トラコーマ及び結膜炎(アレルギー性のものを除く)、白癬、疥癬及び膿痂疹、
 中耳炎、慢性副鼻腔炎及びアデノイド、う歯、寄生虫病

子ども医療費給付制度を優先してご利用ください。
子ども医療費給付制度の対象者とならない場合は、学校の守る教諭を通じて教育委員会へお問い合わせください。ただし、他の制度との重複はできません。

 援助の対象となるのは、備前市に住所を有し、小・中学校に在籍する児童・生徒の保護者で教育委員会が認定した方です。
 援助を希望される方は、毎年度当初に、申請書を学校へ提出していただき、世帯の所得状況等を調査のうえ、認定の可否を教育委員会で決定します。前年度に援助を受け、新年度4月以降も引き続き援助を希望する方も、新たに申請が必要です。なお、小学校と中学校は、それぞれに申請してください。

特別支援教育就学奨励

特別支援教育就学奨励の画像

特別支援教育が必要なお子さまが、小・中学校で学ぶ際に保護者が負担する必要な経費の一部を、家庭の経済状況に応じて援助する制度です。

区分 援助内容
学用品・通学用品購入費 学校で通常に使用する学用品費、通学用品費の一部
新入学児童生徒学用品・通学用品購入費
(4月認定の新1年生)
新入学の児童・生徒に必要な学用品費、通学用品費の一部
校外活動等参加費 校外活動に必要な交通費、宿泊費、見学料の一部
修学旅行費 交通費、宿泊費、見学料のうち補助対象分 (小・中学校で各1回)
通学費 公共交通機関を利用して通学する交通費
学校給食費 保護者が負担する給食費の一部

 援助の対象となるのは、備前市に住所を有し、小・中学校に在籍する特別支援教育が必要な児童・生徒の保護者で教育委員会が認定した方です。
 援助を希望される方は、毎年度当初に、申請書を学校へ提出していただき、世帯の所得状況等を調査のうえ、認定の可否を教育委員会で決定します。請求にあたり、学用品費・通学用品費・入学準備金・通学費は実績を確認するため、領収証が必要となります。

遠距離通学費補助

遠距離通学費補助の画像

小・中学校に通うお子さまの通学に必要な経費を補助する制度です。

区分 通学距離
児童 (小学生) 4km以上 (公共交通機関を利用する場合は2km以上)
生徒 (中学生) 6km以上 (公共交通機関を利用する場合は5km以上)

 補助の対象となるのは、備前市に住所を有し、小・中学校に通う児童・生徒のうち、通学距離が条件を満たす保護者です。
 制度の利用に当たっては、毎年度当初に、申請書を学校へ提出していただき、通学距離を調査のうえ、認定の可否を教育委員会で決定します。なお、転居等により年度途中に申請を希望される場合は、学校または教育委員会教育振興課までお問合せください。

教育行政に関する相談窓口

 市民の皆さんのご意見、ご要望や、お問い合わせで担当部署が分からない場合など、総合窓口としてお伺いします。こちらから担当者に照会し回答させていただきます。
 (内容によりお答えまでにお時間をいただく場合がありますが、ご了承願います。)

 

施設係

施設係のしごと

施設係のしごとの画像

  • 教育財産の管理
  • 教育施設の建築・営繕 及び 管理
  • 教育施設の備品購入

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)