ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 環境課 > ごみ収集カレンダー

本文

ごみ収集カレンダー

記事ID:0005401 更新日:2019年12月9日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

ごみ収集カレンダー

家庭ごみの出し方

ごみ収集曜日表

ごみ収集曜日表の画像

ごみ収集カレンダー

※ごみ収集の日程は、お手持ちのスマートフォンから「びぜんnavi」でもご覧になれます。

資源回収ステーション設置済の地区の方は、こちらのカレンダーをご覧ください。

備前地域

 (備前西地区: 西鶴山・東鶴山・香登・伊部 )

 ・ 令和3年度資源収集(9種23分別)カレンダー(西地区) [PDFファイル/340KB]

 (備前東地区: 片上・伊里・三石 )

 ・令和3年度資源収集(9種23分別)カレンダー(東地区) [PDFファイル/336KB]
 

日生地域

 (日生・寒河地区)

 ・ 令和3年度資源収集(9種23分別)カレンダー(日生・寒河地区) [PDFファイル/304KB]

 (諸島地区)

 ・ 令和3年度資源収集(9種23分別)カレンダー(諸島地区) [PDFファイル/311KB]

吉永地域

 (吉永南地区: 岩崎・三股・吉永中・南方・福満・金谷 )

  ・ 令和3年度資源収集(9種23分別)カレンダー(南地区) [PDFファイル/338KB]

 (吉永北地区: 笹目・都留岐・和意谷・多麻・加賀美・高田・神根本・今崎 )

 ・ 令和3年度資源収集(9種23分別)カレンダー(北地区) [PDFファイル/331KB]

資源回収ステーションが未設置の地区の方は、こちらのカレンダーをご覧ください。

 ・ 令和3年度ごみ収集カレンダー(旧分別版) [PDFファイル/1.14MB]

 

ごみの分別

ごみ分別の手引き(保存版)  - ごみ・資源物の分け方・出し方 - [PDFファイル/11.18MB]

 

※蛍光管等の排出について(平成29年10月1日)

  • 台所ごみは十分水切りをして出してください。
  • スプレー缶は中身を全部使い切ってから出してください。
  • 資源ごみ(古紙・缶等)は子ども会などの集団回収をご利用ください。
  • 一升びんやビールびん等は再利用が可能です。酒屋さん等に引き取ってもらいましょう。
  • 白色トレイなどはスーパーマーケット等でも回収しています。

家電リサイクル法対象製品の出し方

指定ごみ袋・粗大ごみ処理券

※ごみは分別して、備前市の指定ごみ袋に入れて、指定された日に出してください。
(指定袋は市内の販売店で販売しています。)

  • もえるごみ45リットル 10枚入り・・・450円
  • もえるごみ30リットル 10枚入り・・・300円
  • もえるごみ20リットル 10枚入り・・・200円
  • もえるごみ10リットル 10枚入り・・・100円
  • もえないごみ30リットル 10枚入り・・・300円
  • 粗大ごみ処理券 200円
  • 粗大ごみ処理券 700円
  • 粗大ごみ処理券 1,200円

ごみ袋販売店一覧 [PDFファイル/109KB]

粗大ごみ処理券販売店一覧 [PDFファイル/87KB]販売所を追加しました。

(※平成30年6月1日から市内のコンビニエンスストアでも粗大ごみ処理券を購入することができます。)

  • 前日、前夜には出さないで、収集日の朝8時30分までに出してください。
  • 祝・祭日も収集します。(ただし5月3日,4日,5日、年末年始は除く)

資源ごみの拠点回収について

「ペットボトル」と「びん」は以下の手順で、市役所、地区公民館に設置している専用の回収箱に出してください。

※三石出張所での拠点回収は令和2年6月30日より廃止となりました。

  1. キャップとラベルをはずす。(キャップとラベルは燃えるごみ)
  2. 中を軽く水洗いする。
  3. 専用の回収箱に入れる。
    「ペットボトル」は水色の回収ボックス
    「びん」はオレンジ色の回収コンテナに3色に分けて
    回収場所 びん ペットボトル
    伊部公民館
    備前市役所 × ×
    伊里公民館
    三石出張所 × ×

    ※本庁舎建て替え工事に伴い、備前市役所(本庁)の拠点回収場所は、閉鎖しています。

市では処分できないごみ

*解体しても収集できません 

  1. 危険物・・・ガスボンベ・消火器・農薬・劇薬・廃油・有害な乾電池・注射器等医療廃棄物
  2. 適正処理困難物・・・仏壇・農業用ビニール・ピアノ・タイヤ・バッテリー・魚網・中身の残った容器・オートバイ・自動車・大型農機具
    上記については、各自の責任において業者引取等で処分してください。
  3. 家電リサイクル法対象製品(エアコン、テレビ、冷凍・冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機)を排出する際は、家電リサイクル法により原則として購入した小売店へご相談ください。
  4. 産業廃棄物・・・産業廃棄物処理業者へ依頼してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)