ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健福祉部 > こども家庭課 > ひとり親家庭等への支援

本文

ひとり親家庭等への支援

記事ID:0003965 更新日:2020年7月1日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

高等職業訓練促進給付金/自立支援教育訓練給付金

高等職業訓練促進給付金/自立支援教育訓練給付金の画像1
資格取得を考えられているひとり親の方は

こちらをクリック!!

申請方法等、詳細についてはひとり親家庭のしおり [PDFファイル/685KB]をご覧ください

高等職業訓練促進給付金

 市内のひとり親家庭等の父または母が経済的自立に役立つ資格取得のために、1年以上養成機関等で修業する際に、修業期間4年を限度に高等職業訓練促進給付金を支給します。

支給対象者

  1. ひとり親家庭等の父または母
  2. 児童扶養手当の支給を受けているまたは同様の所得水準の方
  3. 養成機関において1年以上修業し、対象資格※の取得が見込まれる
  4. 仕事または育児と修業の両立が厳しい
  5. 過去に同制度の支給をうけたことがない

 ※対象資格(看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、保育士、美容師、調理師、鍼灸師 等) 

支給額

 月額70,500円または100,000円(1年以上4年間限度)を支給します。

事前相談

 予め申請される前に福祉事務所へご相談ください。

自立支援教育訓練給付金


 市内のひとり親家庭等の父または母が経済的自立に役立つ資格取得のために、市が指定した教育訓練講座を受講し、修了した場合にその経費を一部支給します。

支給対象者

  1. ひとり親家庭等の父または母
  2. 児童扶養手当の支給を受けているまたは同様の所得水準の方

 ※対象講座の例(簿記検定試験、介護職員初任者研修、医療事務検定試験、Word文書処理技能検定試験 等) 

支給額

 1万2千円以上の受講費用に対して6割(上限20万円)を支給します。

事前相談(指定相談)

 対象講座かどうか事前に相談ください。受講開始日の10日前までに申請書を提出してください。

遺児激励金

 要・準要保護世帯の児童で、1.義務教育諸学校在学中に遺児となったとき(保護者死亡見舞金)、2.小学校・中学校に入学するとき(入学激励金)、3.中学校を卒業するとき(卒業激励金)を対象に支給されます。

 

家庭児童相談室

 子どもと家庭の問題(非行、登校拒否、心身の障害、児童虐待など)でお困りの人は、ご相談下さい。

  各種相談について←こちらをクリック

母子相談

 母子家庭や寡婦の方が抱えている問題(生活上の問題、子どものことなど)でお困りの人は、ご相談下さい。

    各種相談について←こちらをクリック

 ひとり親家庭のしおり [PDFファイル/685KB]

 その他、ひとり親家庭の人への支援制度の概要などを案内しておりますので、参考にしてください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)