ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業部 > 上下水道課(水道) > 水道管の凍結にご注意を

本文

水道管の凍結にご注意を

記事ID:0006546 更新日:2021年11月26日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

水道管にも冬支度を

気温がマイナス4℃以下になると、水道管が凍ったり、破裂したりすることがあります。
特に、水道管が露出した野外で風当たりの強いところにある場合は、凍結防止対策を心掛けてください。

防寒対策

露出している水道管や蛇口に保温材や布を巻き、その上からビニールテープなどを巻いて保温してください。

凍って水が出ないとき

自然にとけるのを待つか、凍った部分にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけてとかしてください。
(いきなり熱湯をかけると破裂することがあります。)

水道管が破裂したとき

メーターボックス(量水器の箱)内の止水栓を閉めて、備前市指定給水装置工事事業者へ修理を依頼するか、水道課へ連絡をしてください。