ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 小学校・中学校・高校 > 日生西小学校 > 日生西小学校

本文

日生西小学校

記事ID:0000208 更新日:2021年4月8日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

備前市の保育園・幼稚園・市内の学校

日生西小学校

所在地/お問い合わせ先

日生西小学校の画像

所在地

〒701-3204 備前市日生町日生1680

お問い合わせ先

電話 0869-72-0050
Fax 0869-72-0019

日生西小学校のホームページはこちら<外部リンク><外部リンク>
メール bzhinasenishi.es@city.bizen.lg.jp

環境

 学区は、岡山県の東南部に位置し、風光明媚な瀬戸内海に面した港を中心に開けた世帯数1,893世帯、人口4,462人(平成26年2月1日現在)、平成17年3月に新備前市(旧備前市、吉永町、日生町が合併)が誕生したが、旧和気郡日生町の中心をなしている地域である。
 海運業、製網業、漁業等、海に関する産業を中心に発達し、近年は観光地としての脚光も浴びている。地域住民は、明るくたくましく人情に厚い。少子高齢化が著しく進んでいるが、教育に対する関心は高く、学校教育に対しては大変協力的である。

児童数

  1年 2年 3年 4年 5年 6年 合計
15人 6人 12人 8人 7人 17人 65人
11人 7人 8人 9人 10人 5人 50人
合計 26人 19人 20人 17人 17人 22人 115人
学級数 1学級 1学級 1学級 1学級 1学級 1学級 6(8)学級

(令和3年4月1日現在)( )内は特別支援学級を含む学級数

教育目標

進んで学び行動する、心豊かでたくましい日生っ子の育成

【ひ】 ひかる子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夢を持ち、目を輝かせて意欲的に学ぶ子ども

【な】 なかよくする子 ・・・・・・・・・・・・・・ 自他を大切にし、ともに高め合う子ども

【せ】 せいだす子 ・・・・・・ 最後まであきらめず、全力でがんばる子ども

指導の重点

  • 自ら学ぶ態度の育成
    • しっかり読み・書き・考える学習の継続(研究授業・読書指導・Ict・隂山メソッド)
    • 特別支援教育の観点を取り入れた授業
    • 徹底した過学年の復習による学力定着
    • アクティブラーニングの効果的導入
    • 健康や体力の保持増進
  • 共に生きる集団づくり
    • 集団生活のルールやマナーの徹底
      (あいさつ・集合・廊下歩行等生活の決まり)
    • 達成感・自己有用感のある学校行事の実施
    • 縦割り班によるだまって清掃日本一の実践
    • 特別支援教育の観点を取り入れた集団づくり
  • 安定した学級経営
    • 欠席数減少への徹底した取組
    • 児童と生徒がともに学ぶ
    • 「凡事徹底」明るいあいさつ・正しい呼び方・正しい服装・安全安心な登下校
    • 積極的な生徒指導と教育相談(いじめや問題行動の未然防止・発生時の早期解決)

学校の特色

子どもの取り組み
  • 5000ページ読もう
    おすすめの本120冊を中心に、1年間5000ページを目標に本を読む
    読書ファイルを作って、読書貯金として、卒業まで読書記録を残す
  • あいさつをしよう
    いつでも、どこでも、だれにでも を合言葉に
  • ふれあい(たてわり)班で仲間づくり
    清掃・遊び・運動会チームなど、1~6年までたてわりにして活動する
教育活動支援の工夫
  • 情報教育支援アドバイザーによる、パソコン学習の充実を図る
  • ゆとりある授業時数確保
    国語・算数を中心に、標準時数に加算した教育課程編成をする
いじめ問題対策基本方針

備前市立日生西小学校いじめ問題対策基本方針 [PDFファイル/125KB]

 

校歌

日生西小学校校歌「金色の太陽」

作詞/牧野 大誓

  1. 紺青の海空晴れて
    いま金色の日は生れぬ
    山ふところに抱かれて
    学びの庭の若き草
    光り豊かに育ちゆく
  2. 海に生まれて海に生く
    祖先の血潮受けし身に
    六年の篤き師の教
    疾風たちまち荒ぶとも
    かがやく生命ここにあり
  3. みどりの島々影映えて
    希望あふるる朝なり
    八重の潮路を一條に
    金色の太陽生まれ来る
    その名ゆかしきわが母校

出席停止について

治癒証明書はこちらです。[PDFファイル/68KB] (ダウンロードしてお使いください)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)