ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 社会教育部 > 公民館活動課 > e-Bizen Museum <閑谷学校ゆかりの人々2>

本文

e-Bizen Museum <閑谷学校ゆかりの人々2>

記事ID:0000500 更新日:2022年3月1日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

閑谷学校ゆかりの人々

伊里公民館

伊里の地名について

 伊里村は閑谷新田村(しずたにしんでんそん)、木谷村、伊里中村、友延村(とものべむら)、穂浪村(ほなみむら)、蕃山村(しげやまむら)、麻宇那村(あそうなむら)の七つの村が明治22年に合併して誕生した。

 (難田村(なだむら)、井田村(いたむら)、木生村(きぶむら)の三つの村は、明治8年に合併して穂浪村となっていた。)

 和気郡(わけぐん)(現在の備前市、和気町、吉永町、日生町(ひなせちょう)、佐伯町(さえきちょう)など)は江戸時代には97もの村が存在したが、この年に19の村になった。

 古代では閑谷新田村、木谷村、伊里中村、友延村、蕃山村、麻宇那村は藤野郡(ふじのごおり)新田新庄(にゅうたしんしょう)、また難田村、井田村、木生村の三つの村は、藤野郡新田伊里庄といわれていた。
 

 明治11年に地方制度の改革として郡、区、町、村が誕生し、江戸時代から続く村の上に連合戸長(村長)が置かれた。この制度を改めて明治22年に市・町・村を置き、隣接の数村を併せて「村」とした。

 統合のとき各村では、その「村名」について大いに議論されたようで、旧村のうちで・・・

  1. 有名な地名をとって村名としたもの(片上、三石、伊部、日生など)
  2. 古代・中世の郷、庄、保の名を村名としたもの(伊里、藤野、和気、香登など)
  3. 旧村名の一部を併せて村名としたもの(福河、山田など)工夫して新村名とした。

 伊里村は古庄名の「伊里の庄」から採用しているが、伝えられるところによれば「伊(これ)わが里(さと)」と読ませ誇りをもって伊里村としたともいわれている。