ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 公民館 > e-Bizen Museum <宇野圓三郎物語>

本文

e-Bizen Museum <宇野圓三郎物語>

記事ID:0000488 更新日:2019年12月9日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

郷土が生んだ治山・治水の先駆者 宇野圓三郎物語

西鶴山公民館

そして 死

1911年(明治44年)7月、30年近くに住んでいた岡山市南方の自宅で78歳の生涯をとじました。
砂防工事目論見

 なきがらは、山をとても愛した圓三郎の人生のことを考えて、砂防工事をした総社方面の山々が望める岡山市石井山の山頂にほうむられました。

 そして、生まれ故郷には、圓三郎の遺徳碑(いとくひ)が1956年(昭和31年)に建てられました。
 今でも偉大な先駆者のすばらしい業績や強い意志を忘れないために、村の人や老人クラブの方々が石碑のまわりを清掃し続けています。