ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業部 > 農政水産課 > 森林経営管理制度

本文

森林経営管理制度

記事ID:0024322 更新日:2023年5月16日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

森林経営管理制度

森林経営管理制度とは

 森林所有者の方々が森林の(※)適切な経営や管理をおこなわなければならないとされ、手入れのされていない森林を市が仲介役となり、森林所有者の方々と林業経営者をつなぎ、森林のサイクル(植える→育てる→伐って使う→植える)を維持し、山崩れ防止、地球温暖化防止等の多面的機能に役立てていくものです。

 ※適切な経営や管理とは・・・森林の状態に応じて「植える」「育てる」「伐る」の作業を適時に行うこと。

森林経営管理制度の概要

                                             ※林野庁HP資料

森林所有者の方々への意向調査

 森林所有者の方々へ所有する森林(スギ・ヒノキの人工林)を、今後どのように経営管理していきたいか複数年をかけて計画的に意向調査を行います。

 意向調査票がお手元に届きましたら、ご協力をお願いいたします。

 備前市での意向調査実施事例 [PDFファイル/1月21日MB]

 令和元年度 森林環境譲与税の使途一覧 [PDFファイル/50KB]

 令和2年度 森林環境譲与税の使途一覧 [PDFファイル/51KB]

 令和3年度 森林環境譲与税の使途一覧 [PDFファイル/59KB]

 令和4年度 森林環境譲与税の使途一覧 [PDFファイル/85KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)