ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業部 > 農政水産課 > 新型コロナウィルス感染症

本文

新型コロナウィルス感染症

記事ID:0024317 更新日:2023年5月16日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

新型コロナウィルス感染症

農林漁業者、酪農家、乳業者、畜産事業者、食品産業事業者の皆さんへ

農林漁業関連の各種お知らせ

新型コロナウィルス感染症の影響を受ける農林漁業者・食品関連事業者への支援策が農林水産省ホームページに掲載されていますのでご参照ください。https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html<外部リンク>

農作業時の「マスク着用」に関する熱中予防行動

農作業時の「マスク着用」については、特に屋外やハウスでの作業において下記のことに注意しましょう。

○ 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外やハウス で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。


○ マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適切、マスクをはずして休憩することも必要です。


○ 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

農業共済制度

農業災害の対策として、農業共済は、農作物、家畜、果樹、畑作物、園芸施設、建物があります。