ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業部 > 農政水産課 > 被覆肥料の被覆膜の流出防止

本文

被覆肥料の被覆膜の流出防止

記事ID:0024316 更新日:2023年5月16日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

被覆肥料の被覆膜の流出防止

被覆肥料とは

「被覆肥料」とは、表面がプラスチック等の殻で覆われている肥料のことです。

流出防止

 水田では、被覆肥料の肥料成分が溶出した後、被膜殻が水面に浮上し、水田から河川や海洋等に流出する可能性があります。

 被覆肥料を使用している場合は、浅水代かきを行うほか、代かきや田植え前の強制落水は避けるなどの水管理を行うことにより、被膜殻をほ場外に流出させないように注意しましょう。

ポイント

畦畔管理

・あぜ塗りの徹底やあぜシートを設置する。

・水尻周辺を丁寧に踏み固める。

・止水板はあぜより高くする。

代かき

・入水時までに田面の高低差をなくす。

・代かきは浅水で行う。

・強制排水ではなく、自然落水で水位を調整する。

田植え

・田植え前の落水は行わず、自然落水で水位を調整する。

施肥

・被膜の崩壊の早い肥料などを活用する。

・JAの栽培暦等により適正施肥に努める。

収穫後の耕耘

・収穫後、早くに耕耘を行う。

参考

プラスチックと賢く付き合うための農業生産現場での取組 [PDFファイル/341KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)