ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業部 > 農政水産課 > 有害鳥獣対策

本文

有害鳥獣対策

記事ID:0024326 更新日:2023年5月16日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

有害鳥獣対策等

 有害鳥獣(イノシシ、鹿等)に困っている農家等が柵を設置する場合は、その団体等に対して、要する経費の一部を補助する制度があります。

また、猟期外の有害鳥獣駆除については、市で駆除班を編成しておりますので、ご相談ください。

くわしくは農政水産課農政水産係にお問い合わせください。

有害鳥獣とは

農林水産業に被害を与える鳥類、獣類のことを指します。

岡山県から、表の26種の鳥獣については捕獲許可権限を市町村長に移譲されています。

鳥類17種
キジバト ニュウナイスズメ スズメ
ハシボソガラス ハシブトガラス カワラバト(ドバト)
ヒヨドリ カワウ ゴイサギ
ダイサギ コサギ アオサギ
マガモ カルガモ コガモ
ヒドリガモ トビ  
獣類9種
ニホンザル タヌキ アナグマ
アライグマ ハクビシン イノシシ
二ホンジカ ヌートリア ノウサギ