ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルスワクチン対策 > 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)

本文

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)

記事ID:0014000 更新日:2021年7月21日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)とは?

新型コロナウイルスワクチンを接種した市民に、海外へ渡航する際、入国時の防疫措置緩和(隔離や検査の免除)を受けることができる、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)を発行します。

対象者

新型コロナウイルスワクチン接種時に備前市に住民登録がある人で、海外渡航のために必要な人

※海外渡航の予定がない人は申請できません。

受付日時

令和3年7月26日(月曜日)から開始

受付時間:平日8時30分から17時まで

申請場所

新型コロナウイルスワクチン対策課(本庁舎2階)または市民課(本庁舎1階)

必要書類

申請時に次の書類をご用意ください。

  1. ワクチンパスポート申請書 [PDFファイル/59KB](窓口でも取得可)
  2. 旅券(パスポート)※有効期限をご確認ください。
  3. 接種券(お持ちでない人は4をご持参ください。)
    接種券見本 [PDFファイル/340KB]
  4. 接種済証(再発行)か接種記録書
    接種済証見本 [PDFファイル/340KB]
    接種記録書見本 [PDFファイル/36KB]
  5. 旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合、旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、住民票の写し等)
  6. 代理人による請求の場合、委任状 [PDFファイル/44KB](様式問わず)(原則、申請者の名前は自署願います。)
  7. 郵送で申請される際、各総合支所窓口で申請される場合、返信用封筒(申請者が切手を貼付(長3封筒の場合84円、書留等を希望される場合、必要額を貼付)、返送先住所を記載し提出)及び郵送先の住所が確認できる書類。(マイナンバーカード、運転免許証、住民票の写し等)

※3または4の両方ともない場合、マイナンバーが確認できる書類(個人番号カード、通知カード、個人番号が記載された住民票等の公的書類)をお持ちください。

※代理人の本人確認書類(免許証等)も必要です。

郵送で申請される際、各総合支所窓口で申請される際は、上記の1、6(代理人の場合)、7の書類及び2から5の写しを同封、持参願います。

なお、写しについては返却いたしません。

発行費用

無料

その他

本事業の手続きに係る質問以外については、国の方で受けます。国の「新型コロナワクチンコールセンター(電話:0120-761-770)」にお問い合わせください。

ワクチンパスポートが活用できる国

外務省の方で、ワクチンパスポートが活用できる国を随時情報提供していくとのことです。詳しくは外務省ホームページよりご確認ください。

外務省ホームページ<外部リンク>

提出前チェックリスト

  • 提出前に必ずご確認ください。
  • パスポートの有効期限は切れていませんか?
  • 接種券、接種済証、接種記録書はありますか?
  • 代理人による申請の場合、委任状(様式問わず)はありますか?
  • 代理人による請求の場合、代理人の本人確認書類(運転免許証等)は準備できていますか?
  • 郵送、各総合支所窓口での申請の場合、返信用封筒はありますか?
  • 返信用封筒に切手(必要額)を貼付し、返送先の住所を記載しましたか?
  • 返信用封筒記載の住所を確認できる書類(運転免許証等)は準備できていますか?

お問い合わせ先

備前市新型コロナウイルスワクチン対策課

0869-64-3303
0869-64-3304

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


コロナワクチン接種状況

ワクチンコールセンター

厚労省<外部リンク>

ワクチン詐欺に注意<外部リンク>