ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルスワクチン対策 > 新型コロナウイルスワクチンについてのご説明

本文

新型コロナウイルスワクチンについてのご説明

記事ID:0011460 更新日:2021年4月30日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

皆さんが接種予定のワクチン

 国は、ファイザー社(アメリカ)、アストラゼネカ社(イギリス)、武田/モデルナ社(アメリカ)から新型コロナウイルスワクチンの供給を見込んでいます。

 本市においても、いずれか(もしくは複数種類)のワクチンが供給されますが、どのワクチンが供給されるかは未定です。

接種を受ける際の同意の取得

 強制ではありません。新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は、しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。

※救済制度の内容については、厚生労働省のホームページをご参照ください。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>


コロナワクチン接種状況

ワクチンコールセンター

厚労省<外部リンク>

ワクチン詐欺に注意<外部リンク>