ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 備前 美膳 > 大滝山、大滝山福生寺

本文

大滝山、大滝山福生寺

記事ID:0000683 更新日:2020年12月15日更新 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

大滝山のあじさい

 県南部の秀峰熊山から流れる渓谷に配置された寺院が自然美と調和し落ち着いて風情がある。特に紅葉時が良い。

みどころ

 大滝山福生寺の三重塔は、室町時代の様式を備えた貴重なもので、国指定重要文化財である。また、福生寺、屏風岩付近を含む熊山南面一帯は岡山県指定の郷土自然保護地域となっている。
 実相院の梅林、西法院のあじさいはすばらしい。郷土自然保護地域内にはハイキングコースが数多くセットされている。

由来

 福生寺は、天平勝宝年間に鑑真和尚が開基と伝えられており、足利義教によって再興されたもので、三重塔、仁王門など、往時をしのぶものがある。

アクセス

  • JR赤穂線 香登駅下車 タクシー10分。(徒歩40分)
  • 宇野バス 大内停留所下車 徒歩35分。
  • 駐車場あり。

大滝山生活環境保全林案内図 登山・ウォーキングの参考に!!

大滝山生活環境保全林地図