現在位置:備前市TOPから備前焼ミュージアム 平成30年度新収蔵品展
 
緊急・防災
   
緊急・防災
防災情報
休日当番医

   

総合案内

 備前市の紹介
 市長室
 部署一覧
 公共施設
 市内の学校
 市政情報一覧
 各種計画
 交通アクセス

市民の方へ

 各種申請書類
 例規データベース
 パブリックコメント
     携帯電話用ページ

 備前市リンク集

入札・契約

 入札・契約

行財政改革

 財政情報
 行政改革

 備前焼ミュージアム


  備前市立備前焼ミュージアム 
新収蔵品展「人間国宝・金重陶陽」
  
                                    金重 陶陽 《手鉢》 27.0×10.0
                       
主催 :備前市立備前焼ミュージアム、備前市、備前市教育委員会 
後援 :備前商工会議所、一般社団法人備前観光協会、備前東商工会、
   協同組合岡山県備前焼陶友会

開催期間...2019年3月15日(金)-6月23日(日) 
休館日......月曜日(月曜祝日・振替休日の場合はその翌日が休館)
開館時間...午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで) 
入館料......大人500円(400円)、高大生300円(200円)、中学生以下無料 
                ※( )内は20名以上の団体
                ※65歳以上の方は400円
                ※65歳以上で備前市・赤穂市・上郡町に在住の方は250円(要証明)

■金重陶陽について  

  金重陶陽(かねしげ とうよう)は、明治29(1896)年に岡山県和気郡伊部村 (現・備前市伊部)の歴史ある陶家に誕生しました。父・楳陽(ばいよう)に学び、若くして伊部を代表する細工物の名手となり、窯の改良や焼成方法の工夫、田土精製の研究を重ね、次第に細工物の制作から轆轤を挽く仕事へと転向していきます。この時、金重陶陽は30代半ば。備前焼の伝統を踏襲したうえで新たな可能性を追求します。
  昭和17(1942)年、備前焼の技術保存資格者(丸技)に認定。同年に結成された「からひね会」は、金重陶陽をはじめ桃山陶に強い関心を抱く陶芸家が参加し、陶芸技術・手法の交流を深め、のちの「日本工芸会」設立にも携わるなど現代の陶芸・工芸界の創成に尽力します。
  昭和31(1956)年、60歳で備前焼の技術により国指定の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、以降は多様な作品を制作します。その歴史に立脚した作家性は、備前焼に脚光を浴びせる契機となりました。

  さまざまな陶印を用いたのも金重陶陽の特徴です。分銅型の陶印や「陶陽造」、「土」、「陶」、「ト」などがあり、年代や作品により変化します。なかでも「ト」は、カタカナの「ロ」を陶印に用いた北大路魯山人の影響といわれています。
 本展覧会では、平成30年度に当館へご寄贈いただいた人間国宝・金重陶陽の作品、全35件からなる「上田コレクション」を陶印変化の変遷を軸にご紹介します。

■展覧会構成

【1章 精緻な技の細工物】
 金重 陶陽 《寝布袋帖鎮》 11.0×5.0×5.7

 金重陶陽初期作品の陶印には、分銅型の陶印や「陶陽造」などが使用されました。作品は香炉や香合、置物の細工物や手造りの宝瓶が多く制作され、20代半ばに手掛けた宝瓶は備前で流行をもたらしたとも伝えられています。
 1章では精緻な細工が施された作品を中心に紹介します。なかでも《寝布袋帖鎮》は目元やニカッとした口元の表情の豊かさはさることながら、足先の爪まで丁寧に仕上げられ、目を見張るほどです。


【2章 作家として挑む】
                                      金重 陶陽 《耳付水指》 27.0×10.0

 昭和7(1932)年前後より「土」の陶印を用いることが多くなります。以降は茶盌、水指をはじめとする茶陶を轆轤で制作し、作域も広がります。古備前に倣った美しさと大胆な造形、焼き締め陶ならではの質感と特徴を追い求め、新しい備前焼の姿に挑みます。
 2章では、備前ならではの伝統である土の可能性を追及した作品をご鑑賞いただきます。《耳付水指》は、轆轤挽きの痕跡が残る器面に、縦に入れた箆目が大胆です。窯変による野趣に富む景色が寂びた美しさをたたえ、伝統を超越せんとする陶陽の作家としての創造性が発揮されます。



【3章 創作の深化】
                                金重 陶陽 《徳利(東海天)》 9.0×13.0

 昭和27(1952)年にはイサム・ノグチと北大路魯山人が、翌28(1953)年にはバーナード・リーチも伊部の金重陶陽のもとを訪れ、作品制作や会談をしました。「ト」の陶印を用いるのがこの頃です。昭和31(1956)年、国指定の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定、それ以降も備前焼の世界を開拓してゆきました。
 金重陶陽の功績は現代備前に創造性を拡充させたことにあり、没後半世紀を経てもなお、作家としての矜持を示し続けています。
 3章は、茶盌、茶入、花入、水指の茶陶、鉢や徳利をはじめとする多様な器種を一堂に会します。《徳利(とっくり)東海天》は、火表の鮮やかな緋色と一筆で描かれた堂々たる霊峰・富士が魅了します。まるで朝焼けのようです。窯詰めと焼成の経験値に裏打ちされた爽快な作品です。

 
このページの上へ



■関連プログラム

  新収蔵品展「人間国宝・金重陶陽」では、展覧会関連行事を開催します。金重陶陽の作品を見るだけではもったいない!当館学芸員による作品解説や実際に触れていただくことで、その魅力を深く感じ取っていただけるよう、本プログラムを企画いたしました。
 皆さまのご参加、お待ちしております!
 

●学芸員によるギャラリートーク

    日時  3月30日(土)、4月6日(土)、5月18日(土)
       各回13:30~(約30分)
    会場  備前焼ミュージアム 2階展示室
  対象  どなたでも


●備前焼の魅力普及イベント
    -人間国宝・金重陶陽の作品に触れてみよう!!-

 

  日時 4月28日(日)、5月3日(金・祝)、6月2日(日) 
            各回13:30~(約1時間)
  会場 備前焼ミュージアム 3階茶室
      *畳に上がっていただく予定です
  定員 各回10組(1組につき4名まで)
  対象 小・中・高・大学生を中心に、どなたでも
  申込  各回、前日までに当館(TEL:0869-64-1400)へ
            ご連絡ください。その際、お名前・ご連絡先をお尋
            ねしますことをご了承ください。なお複数でのお申
            込みの場合は、代表者の方のお名前、参加者人
            数、代表者の方のご連絡先をお知らせください。
            個人情報は責任をもって管理します。
 

 




*いずれのプログラムも無料です
高校生以上の方は別途、入館料が必要となります 
*展覧会及びイベントの最新情報は、下記の当館HPでご確認ください

HP http://www.city.bizen.okayama.jp/shimin/shisetsu/museum/museum.html


 このページの上へ




ピックアップ
市内路線バスともりんく備前市立図書館
空き家情報全国アマモサミット 
     
 広告PR   
    
  広告掲載について  
画像および文章の無断転載を固く禁じます
Copyright (c) City of Bizen. All rights reserved.
〒705-8602 岡山県備前市東片上126番地