現在位置:備前市TOPから市立日生病院 -病院沿革
 
緊急・防災
   
緊急・防災
防災情報
休日当番医

   

総合案内

 備前市の紹介
 市長室
 部署一覧
 公共施設
 市内の学校
 市政情報一覧
 各種計画
 交通アクセス

市民の方へ

 各種申請書類
 例規データベース
 パブリックコメント
     携帯電話用ページ

 備前市リンク集

入札・契約

 入札・契約

行財政改革

 財政情報
 行政改革

 

 市立日生病院 「病院沿革」
  
 日生病院の沿革


 大正12年11月  日生町
田の奥口に創設

 昭和15年11月  脇の上に移転し、木造2階建本館診療棟と南・北病棟(17床)を新築

 昭和28年 5月  結核病棟30床及び給食棟の新築。診療科を内科、外科、小児科、産婦人科、眼科の5科とし
              病床数を95床(一般50・結核30・伝染病15)の規模とする

 昭和39年 3月  旧施設新築に着手
 

 昭和40年 8月  本館完成。診療科は5科で124床を有する
  
 昭和61年 9月  新病院長を迎え、医師をはじめスタッフの充足、医療機器等の整備を行う
 
 昭和62年 2月  本館棟の大改修と給食棟を改築し病床数92床となる。CTスキャナー、X線テレビ装置、血液ガス
              分析装置等々の最新医療機器を導入

 平成 2年 2月  
整形外科診療を開始 

 平成 2年 4月  救急告示病院となる


 平成16年12月  
移転新築に着手

 平成17年 1月  泌尿器科診療開始
 
 平成17年 3月  合併により
備前市立日生病院と名称変更
 
 平成18年 1月  新病院完成

 
平成18年 3月  新病院開院 (一般病床40床・療養病床52床)、MRI装置導入
 
 平成18年 7月  外科診療再開、脳神経外科診療開始

 平成18年 9月  電子カルテ本稼働

 平成20年 4月  循環器内科診療開始

 平成20年 5月  婦人科診療再開






  
 
ピックアップ
市内路線バスともりんく備前市立図書館
空き家情報全国アマモサミット 
広告PR
画像および文章の無断転載を固く禁じます
Copyright (c) City of Bizen. All rights reserved.
〒705-8602 岡山県備前市東片上126番地