本文へジャンプ
現在位置:備前市TOPの中の公共施設一覧から放射線科・皮膚科 -岡山県備前市-
 
緊急・防災
   
緊急・防災
防災情報
休日当番医

   

総合案内

 備前市の紹介
 市長室
 部署一覧
 公共施設
 市内の学校
 市政情報一覧
 各種計画
 交通アクセス

市民の方へ

 各種申請書類
 例規データベース
 パブリックコメント
     携帯電話用ページ

 備前市リンク集

入札・契約

 入札・契約

行財政改革

 財政情報
 行政改革


 公共施設
 市立備前病院「放射線科」                                 (2014.3.7)

(非常勤)
医 師 名専門分野専 門 医 資 格
竹田芳弘放射線科・医学博士
・放射線科専門医/(社)日本医学放射線学会
・核医学専門医/有限責任中間法人日本核医学会
・PET核医学認定医/有限責任中間法人日本核医学会
・第一種放射線取扱主任者


 PACS(画像保存装置)を導入しました!  (2009.4.22)
竹田先生実際の写真機械の心臓部
診断の様子↑
実際の写真↑
機械の心臓部↑
 平成21年度より、PACS、つまり画像保存装置という機械を導入しました。この機械は、今までレントゲン写真、CTの写真、MRIの写真をフィルムにしていたものをパソコンのモニターに表示し、診察するシステムです。
 フィルムを使用しないため、環境にやさしくECOにもつながりますし、患者さんにも撮影後から診察までがスムースになると考えられます。
 また、よりよい写真を提供し、よりよい診察を受けていただけると考えられます。

 概要
 
 放射線科は画像診断部門(一般撮影、核磁気共鳴(MR)、消化管透視撮影、腹部超音波)と血管造影で構成されています。
 このうち画像診断部門は外来診療と入院患者の診療を行い、血管撮影(頭部:腹部:四肢)は主に入院患者の診療にあたっています。
 画像診断部門では、非侵襲的な検査を中心に、MR、CT、超音波検査の充実をはかり、常に質の高い画像診断を提供していきたいと考えています。
 血管撮影では、(主に脳外科)予約検査、緊急検査双方に対応すべく体制を整えています。 
 診療放射線技師 5名
MRI

 診療内容
 
 画像診断部門では、年間でCT、MR約二千件 単純撮影一万件、消化管撮影二千件、その他透視を必用とする検査40〜50件の検査を行っています。
 平成26年1月より80列CTを導入し、通常の撮影はもとより、3D-血管撮影、脳血流画像などの即日検査も可能にいたしました。
 またMRも、院外紹介患者様に対して、可能なかぎり即日検査で対応しています。(頭部:腹部:頸部)のMR血管撮影、MR膵胆管撮影(MRCP)などの特殊検査、また脳ドックにも利用していただいています。
 血管撮影部門では内科:脳外科:外科が、それぞれ科の専門分野の臓器の血管撮影を行っています。

※ ただし外来診療ではありません。(直接患者様からのご依頼ではお受けしておりません。)
   院内他科からの申し込み、または他院からの紹介が必要です。

 このページの上へ



 市立備前病院「皮膚科」 

(非常勤)
医 師 名専門分野専 門 医 資 格
加持達弥皮膚科・皮膚科専門医/(社)日本皮膚科学会
・がん治療認定医/日本がん治療認定医機構


毎週1回、診察させて頂いております。
皮膚の病気、トラブルがおありでしたらお気軽に受診して下さい。
 このページの上へ
 診療科・部門紹介に戻る
ピックアップ
市内路線バスともりんく備前市立図書館
空き家情報全国アマモサミット 
広告PR
画像および文章の無断転載を固く禁じます
Copyright (c) City of Bizen. All rights reserved.
〒705-8602 岡山県備前市東片上126番地