びぜんe-とこ 映像ライブラリー
 ひなビジョンニュース 文化財 議会中継 市民映像ライブラリー 
 文化財紹介
 
  長法寺(高画質) 市指定文化財 備前市東片上 吉延昭典さん寄贈〜
このブラウザではご覧いただけません
長法寺

 長法寺は、縁起によれば、天平勝宝年間(749〜757)唐僧鑑真和上が開基し、その後報恩大師が備前48か寺のひとつに加えた真言宗の寺である。
 本堂は、鬼瓦銘によれば安永5年(1776)の建築であるが、文書の「小幡山長法寺本堂積り書」には明和7年(1770)上棟となっている。
 長法寺にある阿弥陀如来石仏は、像高約60.6cm、台座の高さは約22.7cmの坐像。作者、製作年代は風化していて不明である。室町時代もしくは、それ以前と思われる。
 石造宝篋印塔は、隅飾・格狭間・反花座等の様式から室町時代(南北朝期)と推定される。

前のページに戻る 


ご覧になるにはRealPlayerがインストールされている必要があります。
RealPlayerをインストールするには、下記アイコンをクリックしてください。(無償版があります)
※従来のバージョンの脆弱性を解決するため、最新版へバージョンアップをしてください。
(別ウィンドウで開きます)