びぜんe-とこ 映像ライブラリー

 ひなビジョンニュース 文化財 議会中継 市民映像ライブラリー
 文化財紹介
 
  南大窯(高画質)  国指定史跡
このブラウザではご覧いただけません

 備前焼は室町時代以降その生産量が飛躍的に増し、その後半になると、それまで熊山や浦伊部の山中で分散して焼かれていたものが、しだいに平野近くにおりるとともに窯が大型になり、同末期ごろから南・北・西の3大窯で集中的に生産されるようになった。

 そのうちのひとつの南大窯はJR赤穂線伊部駅の南約200mの榧原山麓にあって、3基の窯のうち東側窯跡が最も大きく、長さ54m、幅5mあり、勾配は約20度である。基本的な構造は須恵器窯と大差なく、床を下げた上にアーチ形の天井をかけた?窯で、それを支える土柱が間隔をおいてたてられた。

 製品の多くは壷や大甕などの日常雑器類であるが、茶陶や花器等の名品も数多く焼かれている。
ご覧になるにはRealPlayerがインストールされている必要があります。
RealPlayerをインストールするには、下記アイコンをクリックしてください。(無償版があります)
※従来のバージョンの脆弱性を解決するため、最新版へバージョンアップをしてください。
(別ウィンドウで開きます)
 このページの上へ