備前市探検隊



備前焼Q&A

 
備前焼の特色は何ですか?
 
うわ薬や絵付けはいっさいしないのじゃ。また素焼きをしないで、いきなり本焼きをするのだ。かまへのつめ方とたき方で、自然のもようができるので、備前焼は「炎の芸術」といわれるのじゃ。

 
備前焼の歴史をおしえてください
 
1000年ほど前から、かわらや祭器の生産がはじまり、その後、食器や花器などさまざまな焼き物を作ってきたのじゃ。現代の工芸品としての備前焼は、人間国宝になった金重陶陽(1896〜1967年)という人が、古い時代の純日本的な美しさを再現してから、さかんになったのじゃ。

 
備前焼は、どうやってつくるのですか?
 
田の下にある土(ヒヨセ)をとる。→土を雨や風にさらす。(1年以上)→黒土をまぜてねん土にする。→ろくろで成形する。→乾燥させる(20日間)→かまにつめる。(1週間)→かまをたく。(10日間)→冷やす。(1週間)→かまから出す。これがだいたいの工程じゃ。

 
備前焼の移り変わりをおしえてください!
 
こんなぐあいじゃ!
 

 
どうして赤松がいいのですか?
 
赤松は火力が強いので、高温で時間をかけて焼き上げる備前焼にあっているのじゃ。かつては、伊部の周辺に豊富にあったのじゃが、近ごろでは、松くい虫などにより少なくなったため、遠くから運んできて使っているんじゃ。



 このページの上へ
 前ページに戻る | 次のページへ 
 
 
備前市役所 〒705-8602 岡山県備前市東片上126番地 / 電話 0869-64-3301(代表)
ご意見・お問い合わせ
 
Copyright(c) 2005 Bizen City All rights reserved.