本文へジャンプ
備前市
総合案内市民の方へ観光案内 サイトマップホームへ
 観光ガイド イベントカレンダー 特産品 
お問い合わせ:まち営業課 電話 0869-64-1832
現在位置:備前市TOPの中の観光案内からBIZEN中南米美術館 -岡山県備前市-
文字を小さくする文字を大きくするサイズを戻す

緊急・防災
   
緊急・防災
防災情報
休日当番医

   

総合案内

 備前市の紹介
 市長室
 部署一覧
 公共施設
 市内の学校
 市政情報一覧
 各種計画
 交通アクセス

市民の方へ

 各種申請書類
 例規データベース
 パブリックコメント
     携帯電話用ページ

 備前市リンク集

入札・契約

 入札・契約

行財政改革

 財政情報
 行政改革

 日生エリア

 
 BIZEN中南米美術館

森下美術館の写真1

森下美術館の写真2
 一万数千枚の備前焼をあしらった芸術の舘
 収蔵品の中心は、古代アメリカ大陸で作られた土器・土偶・石彫・織物など中南米の文化遺産がずらり約百五十点(収蔵資料約千六百点)。国内でもこんなに数多くコレクションしているところは珍しく、質・量ともに学術上・美術史上において極めて貴重であることが明らかになっています。
コレクターの故森下精一氏は、備前市日生町で漁網の製造・販売を営んで、一代にして財を成したという根っからの海の男。商用で南米を訪れたおりに古代アメリカ文化の遺物に触れ、魅力にとりつかれて収集を始めたとか。
 古代アメリカには二つの高文化圏が形成されていました。メキシコ中央部からグアテマラにかけての「メソアメリカ文化圏」、そしてペルー・ボリビアに栄えた「中央アンデス文化圏」。また、この間のコスタリカ・パナマ・コロンビア・エクアドルの「中間地域」、「カリブ海地域」にも個性豊かな文化が発展していました。ペルーの鋳型壷などのような土器・石器類、鳥文様綴織緑飾裂房付などの織物、コスタリカの香炉や石の祭壇、エクアドルの土偶などなど、それぞれの文化の流れを象徴する個性的な出土品が、当時の文化の高さを物語っています。

■開館時間 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 

■開館日
 土・日・祝日のみ開館
 平日の開館については、20名以上の団体で、1週間前までに下記の電話にご連絡ください。
 開館日については、変更になっている場合があります。
 ご来館の際には、事前にお電話かHPで確認のうえお越しください。

 電話:0120-346-287
                 BIZEN中南米美術館へのリンク(別ウィンドウ)
 

 

■アクセス
  • 【電車】 JR赤穂線日生駅下車徒歩8分。
  • 【バス】 岡山駅より宇野バス日生・寒河行約70分、日生総合支所前下車徒歩2分。
  • 【自動車】 岡山より自動車にて約1時間、相生より自動車にて約35分。
■BIZEN中南米美術館 連絡先
  • 【住 所】701-3204 岡山県備前市日生町日生241-10  
  • 【電 話】開館日のみ:0869-72-0222
          平日開館のお問い合せ:0120-346-287



動物象形壺の写真
動物象形壺
ペルー 北部海岸
ビクス文化
B.C.600〜A.D.300
彩文壺の写真
彩文壺
コスタリカ
ニコヤ文化 A.D.1100以後
黒色刻文三足鉢の写真
黒色刻文三足鉢
グァテマラ ペテン地方
マヤ文化 A.D.600〜900
 このページの上へ
 前ページに戻る | 次のページへ 
 

備前市役所  〒705-8602 岡山県備前市東片上126番地
ご意見・お問い合わせ
 
Copyright(c) City of Bizen All rights reserved.