本文へジャンプ
備前市
総合案内市民の方へ観光案内サイトマップホームへ
 That's備前焼 ビデオ・土のぬくもり 備前焼・その魅力 備前焼の生い立ち 人間国宝 Virtual備前焼
現在位置:備前市TOPの中の観光案内の中の備前焼から人間国宝 -岡山県備前市-
文字を小さくする文字を大きくするサイズを戻す

緊急・防災
   
緊急・防災
防災情報
休日当番医

   

総合案内

 備前市の紹介
 市長室
 部署一覧
 公共施設
 市内の学校
 市政情報一覧
 各種計画
 交通アクセス

市民の方へ

 各種申請書類
 例規データベース
 パブリックコメント
     携帯電話用ページ

 備前市リンク集

入札・契約

 入札・契約

行財政改革

 財政情報
 行政改革

 
 人間国宝 

 長い歴史の中で多くの名工を輩出し続けてきた備前焼。それぞれの時代背景を反映した作品は、そのどれもがオリジナルな主張を持ったものでした。その先人達の心と技術を受け継ぐ現代の名工として、故金重陶陽、故藤原啓、故山本陶秀、故藤原雄さん、伊勢崎淳さんの5人が人間国宝に指定されています。備前焼作品1備前焼作品2備前焼作品3

故金重陶陽の写真
金重陶陽(1896〜1967)
 名は勇。伊部に生まれ、陶技、識見ともに卓越した名工。桃山調への回帰を唱え、江戸末から明治、大正、昭和初期にかけての長い低迷時代に光りをもたらした。彼がいなければ今日の備前焼はなかったであろうといわれている。昭和16年に40日間も熱中して改造した登り窯は、今日の備前の窯の原形となっている。昭和31年に人間国宝となった。
故金重陶陽の作品写真
 

故藤原 啓の写真
藤原 啓(1899〜1983)
 名は敬二。備前市穂浪に生まれる。桃山調の陶陽に対して、彼は鎌倉・室町期の古備前を好んだという。作風は彼の人柄をそのまま反映して、大らかで温かみがあり、「啓備前」といわれている。晩年には亀の置物を好んで作り、皿に亀を這わせた。昭和45年に人間国宝となった。
故藤原 啓の作品写真
 

故山本陶秀の写真
山本陶秀(1906〜1994)
 名は政雄。伊部に生まれる。伝統技法をふまえながら、茶陶に独自の境地を開き、ろくろ技術の最高峰を極めた。作品は、釉薬を使わない焼き締めの特色が最も良く現れ、土の美質を最高度に表現していた。昭和62年に人間国宝となった。
故山本陶秀の作品写真
 

故藤原 雄の写真
藤原 雄(1932〜2001)
 名は雄。人間国宝藤原啓の長男として、穂浪に生まれる。昭和30年に大学を卒業後、父に師事して備前焼の世界に入る。国内外での個展や講演など、幅広い活動の中で数多くの賞を受賞。豪放で存在感のある作品を制作し、特に壷にその魅力を発揮する。平成8年に人間国宝となった。
故藤原 雄の作品写真
 

伊勢�ア 淳の写真
伊勢崎 淳(1936〜)
 名は惇。伊勢崎陽山の二男として、伊部に生まれる。昭和34年に大学を卒業後、本格的に作陶の道に入る。斬新な造形や陶壁など、伝統的な技法を踏襲しながら、現代的感覚を取り入れた作品が高い評価を受けている。平成16年に人間国宝となった。
 
 

 このページの上へ
 

備前市役所  〒705-8602 岡山県備前市東片上126番地

ご意見・お問い合わせ
 
Copyright(c) City of Bizen All rights reserved.