岡山県備前市

真光寺 三重塔
閑谷学校の楷の木
 2005年3月22日に備前市・日生町・吉永町が合併し、備前市が誕生しました。
岡山県備前市の位置
 旧備前市

深谷の滝
旧・備前市について 岡山県の南東部に位置する備前市は、中部に片上湾を擁し、西端には、岡山県三大河川の1つ吉井川が流れています。総面積の75%を山林が占めていることからまとまった平地に乏しく、都市空間が地形によって阻害され、人口の集中した集落が各地に分散して形成されています。昭和30年3月備前町、伊里町、香登町、(和気郡)鶴山村、(邑久郡)鶴山村が合併し備前町となり、昭和46年4月1日に備前町と三石町が合併して岡山県下10番目の市として備前市が誕生し、現在に至っています。

 旧日生町

日生町のイメージ写真
旧・日生町について 岡山県の東南端に位置する日生町は、山地が海にせまり平地が少ない本土と瀬戸内海に浮かぶ大小13の日生諸島からなっています。明治22年の市町村制の実施にともない、日生、大多府、寒河、福浦、福浦新田、寺山の6村が日生村と福河村の2村に編成されました。明治39年に日生村に町政が施行され日生町となり、その後昭和30年に日生町と福河村が合併し現在の日生町が誕生しました。
そして昭和38年に福浦地区が兵庫県赤穂市へ越県分離し、今日に至っています。

 旧吉永町

吉永町のイメージ写真


旧・吉永町について 岡山県の東南部に位置する吉永町は、四方を山で囲まれており、町の中央部を北から南へ流れる八塔寺川、南部を東から流れる金剛川にそって帯状に平地が開けています。明治22年の町村制の施行にともない、旧14村が合併して英保村、神根村、三国村が成立しました。昭和23年10月、このうち英保村が英保町に、同年11月には英保町が、吉永町に改称され、昭和29年3月1日、この1町2村が合併し現在の吉永町に至っています。
次へ