現在位置:備前市TOPから保育園・認定こども園の入園申し込み
 
緊急・防災
   
緊急・防災
防災情報
休日当番医

   

総合案内

 備前市の紹介
 市長室
 部署一覧
 公共施設
 市内の学校
 市政情報一覧
 各種計画
 交通アクセス

市民の方へ

 各種申請書類
 例規データベース
 パブリックコメント
     携帯電話用ページ

 備前市リンク集

入札・契約

 入札・契約

行財政改革

 財政情報
 行政改革

 教育委員会 幼児教育課


幼児教育課 庶務係電話 0869-64-1825(直通)

  平成29年度から保育料無償化の拡充!

 備前市では、保育園、幼稚園及び認定こども園の負担公平性の確保と子育て支援の充実及び若い世代の定住促進を図るため、平成27年度に満4歳・満5歳の園児の保育料無料化、平成28年度に満1歳~満5歳までの園児の保育料無料化、平成29年度から満0歳~満5歳までの園児の保育料無償化を開始しました。
 (※満年齢は、各年度の41日時点の年齢となります。)
 ただし、実費部分である給食に要する材料費、教育・保育に直接必要な保育材料費及び教材費、一般生活費等はご負担いただきます。

満0歳児~満5歳児までの保育料無償化
         


  幼稚園・保育園・認定こども園の入園について


  子ども・子育て支援制度


 平成248月に、子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決するため「子ども・子育て支援法」が成立し、この法律と、関連する法律に基づいて、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の充実や質の向上を総合的に進めていく「子ども・子育て支援新制度」が、平成274月からスタートしました。

◆幼稚園・保育園・認定こども園

 
就学前のお子さんが入園可能な認可施設として、幼稚園・保育園・認定こども園があります。
幼稚園

 
 義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長に適した環境のもと、その心身の成長を支援することを目的とします。学校の一種であり、お子さんが対象年齢に達し学区内であれば、他に条件なく入園できます。
  
保育園
  保護者が仕事や病気、介護、出産等の理由で保育を必要とする場合に保護者に代わってお子さんを保育する児童福祉施設です。入園には一定の条件があるため、単に「友達をつくらせたい」とか「集団生活を経験させたい」などの理由で入園することはできません。
  
認定こども園
  幼稚園と保育園の両方の役割を果たす施設として、認定こども園があります。保育と教育を一体的に行う施設です。


  入園申込みの流れ


◆利用手続きの流れと支給認定

 子ども・子育て支援新制度では、幼稚園・保育園・認定こども園を利用するために、従来の入園申込とは別に、市の支給認定(保育の必要性の認定)を受ける必要があります。
 申請により、お子さんの年齢や保育の必要性に応じた認定証が交付され、認定区分に基づく利用時間等により、施設を利用することになります。
 ※ただし、この支給認定は、保育の必要性の有無を判定するものであり、入園を保証するものではありません。


子どもが満3歳以上の場合
 
子どもが
満3歳未満の場合
  
 幼稚園・認定こども園の教育利用を希望する場合
 
保育園・認定こども園の保育利用を希望する場合
   
 直接、幼稚園・認定こども園へ入園願(注1)をする。
 同時に、施設を通じて市に支給認定申請を行います。
 
 保育の必要性の事由に該当する場合、市に支給認定申請及び入園申込みをする。
 申請者の希望、保育園等の状況などにより、市が利用調整を行います。
  
1号認定
(教育標準時間認定)
 
2号認定(注2)
(保育認定)
 
3号認定(注2)
(保育認定)
利用できる施設

 ・幼稚園

 ・認定こども園
 
利用できる施設

 ・保育園

 ・認定こども園
 
利用できる施設

 ・保育園

 ・認定こども園

注1)1号認定での利用を希望される場合は、各園へ申込みをします。
注2)2号認定・3号認定は、併せて「保育の必要量」も認定します。家庭の就労状況等に応じて、『保育標準時間(最長11時間)』と『保育短時間(最長8時間)』に区分し、利用可能な保育の時間を設定します。



  幼稚園・保育園・認定こども園の入園申込み


                         
→ 入園手引き他、申請書類
 
→ 備前市内の「幼稚園・保育園・認定こども園


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~2号認定・3号認定~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

◆支給認定期間(支給認定)

 支給認定期間は、各家庭の保育の必要性に応じて、最長3年間を上限〔2号認定は最大小学校就学前まで、3号認定は最大満3歳まで〕として有効期間を決定します。保育園・認定こども園の入園期間『保育の実施期間』とは異なりますので、ご注意ください。

事 由支給認定の有効期間
就労事由による必要な期間
※年度途中に退職等により家庭での保育が可能となった場合は、退園になります。
妊娠・出産出産予定月の前2ヶ月から出産月の後2ヶ月(最大5ヶ月)
保護者の疾病、障がい
親族の介護・看護
疾病などが快復した日の月末、最長3年間又は小学校就学前
介護・看護が終了する日の月末、最長3年又は小学校就学前
求職中3ヶ月(期間中に勤務証明書を提出した場合は、認定期間が延長となりますが、提出がない場合は退園となります。)
就学、技能習得保護者の卒業予定日又は終了予定日が属する月の末日まで
育児休業中必要と認める期間
育児休業復帰予定復帰予定月の前月から3ヶ月(復職後1ヶ月以内に復職証明書の提出があれば、認定期間を延長します。)
採用・起業・就学予定予定月の前月から3ヶ月(勤務・就学していることなどを証明する書類の提出があれば、認定期間を延長します。)
その他必要と認める期間


◆保育必要量(支給認定)

 就労時間など保護者の保育の必要量に応じて、さらに保育標準時間」と「保育短時間の利用区分(保育必要量)に分けられます。利用区分により、利用できる時間や保育料が異なります。

保育の必要量 通常保育時間就労時間など
保育標準時間1日最大11時間主に保護者のいずれもが、フルタイム勤務
(月120時間以上の勤務)
保育短時間1日最大8時間主に保護者のいずれかが、パートタイム勤務
(月48時間以上120時間未満)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

ピックアップ
市内路線バスともりんく備前市立図書館
空き家情報全国アマモサミット  
広告PR
画像および文章の無断転載を固く禁じます
Copyright (c) City of Bizen. All rights reserved.
〒705-8602 岡山県備前市東片上126番地