現在位置:備前市TOPの中のくらしの便利帳の中の健康・保険から不育症治療の助成
 
緊急・防災
   
緊急・防災
防災情報
休日当番医

   

総合案内

 備前市の紹介
 市長室
 部署一覧
 公共施設
 市内の学校
 市政情報一覧
 各種計画
 交通アクセス

市民の方へ

 各種申請書類
 例規データベース
 パブリックコメント
     携帯電話用ページ

 備前市リンク集

入札・契約

 入札・契約

行財政改革

 財政情報
 行政改革

 保健課 健康係
 健康 休日当番医 母子の健康 各種検診の内容 
 不育治療支援事業

保健課 健康係

備前保健センター2階(備前市役所東隣)
電話 0869-64-1820(直通)



 ■備前市 不育治療支援事業について 

 備前市では、不育治療にかかる治療費について助成をしています。
※不育治療とは・・・一般社団法人日本生殖医学会が認定した生殖医療専門医により
 不育症と診断されたもの者が受ける治療行為のこと。

<備前市 不育治療支援事業>
 
備前市
助成対象【対象者】
不育治療を受けている人であって、下記の(A)~(E)のすべての条件を満たす人。

(A)婚姻後1年以上経過している夫婦であること。
(B)現在の婚姻相手との間に子(養子を除く摘出子をいう。)がいないこと。
(C)不育治療を開始した時から申請に至るまでの間、夫婦がともに本市に住所を
  有していること。
(D)夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満であること。
(E)助成対象者及び世帯員に市税の滞納がないこと。
助成内容1回の治療(妊娠成立後、不育治療を開始した時から分娩に至るまでの治療の
過程をいう。)に対する助成金の額は、当該治療に係る治療費等の額の範囲内とし、
1回につき30万円を限度とする。(1,000円未満の端数は切捨てとする。)
※治療費・・・保険給付が適用されない不育治療に要する治療費及び検査料のこと。入院費、
  食事代などは該当しない。
申請期限1回の治療に係る治療費の支払い終了後、3か月以内。
所得制限夫と妻の前年の所得の合計金額が730万円未満である人
申請窓口備前保健センター(備前市役所東隣) 電話 0869-64-1820
申請書類1)備前市不育治療助成金給付申請書(様式第1号)

2)不育治療実施証明書 (様式第2号)

3)治療を受けた医療機関発行の領収書(原本)

4)
申請者の健康保険証の写し

5)印鑑

6)その他市長が必要と認める書類
支払方法備前市が申請書類などを審査し、承認したときは口座振込みにより支給


 このページの上へ

 不妊や不育に関する相談窓口 

岡山県不妊専門相談センター「不妊・不育とこころの相談室」  (相談無料)

 
ピックアップ
市内路線バスともりんく備前市立図書館
空き家情報全国アマモサミット 
広告PR
画像および文章の無断転載を固く禁じます
Copyright (c) City of Bizen. All rights reserved.
〒705-8602 岡山県備前市東片上126番地